知って得する仲介手数料の仕組み

>

仲介手数料とサービス

手数料が無料がゆえの欠点

何事も、無料という単語は人をひきつけがちです。
不動産の世界でも同じで、仲介料無料の業者には、多くの顧客が集まっています。

先ほど述べましたように、契約が完了するまでは仲介手数料は発生しないため、業者にとってはただ働きのような感覚で、多くの顧客の接客をしなければならないという事態になります。

そのため、業者の立場としても一人ひとりの顧客に対して丁寧に接客をすることが難しくなってしまいます。

初心者の場合はこのように偏った物件探しをすると逆に損をしてしまうケースもあるので、より注意する必要があります。

一見お得に見える仲介手数料無料というキーワードですが、これは物件探しの上級者にとってはよりお得なサービスであるといえるでしょう。

より良い業者を見つけるために

先ほど述べたように、仲介手数料を無料にする代わりに接客が雑になってしまったり、やや強引に物件を売ろうとしたりしてしまうケースもあるようです。
仲介手数料が無料で、その他のプラス費用も少ない場合は、このような接客でも仲介手数料無料のほうが結果的に得をする場合もあります。

そのため、まず最初は仲介手数料を安くすることにこだわり過ぎないことが大切な要素だといえます。
たとえ仲介手数料がやや高めに設定されていても、その他の費用がかからなかったり、物件契約までのサービスが非常に優れている業者もたくさんあります。

自分がどのような物件を探しているのか良く考え、もし仲介料無料でもそれをはっきり見つけることができるのであればそれでもよし、自分はまだ良くわからないというのであれば、仲介手数料にこだわらずサービスを見て決めるのが良いと結論付けられます。


TOPへ戻る