知って得する仲介手数料の仕組み

>

業者が求める仲介手数料の仕組み

賃貸主との契約

先ほど述べましたように、仲介手数料を無料にできるのは物件の紹介による広告費、あるいはその他の費用として請求されるお金の割り増しなどによる、事実上の仲介手数料の存在のおかげです。

では、業者として、仲介手数料に該当するサービスとはどのステップなのでしょうか。

実は、仲介手数料が発生するのは契約が完了した時点です。
すなわち、物件の見学や、契約条件の交渉については、顧客が仲介手数料を請求されることはありません。

しかし、契約手配を行って、契約完了には至っていないという場合は注意が必要です。
契約手配というのは、その物件の購入の手配をするということでその物件は他の人に紹介されなくなります。
したがって、そこで生じる広告料に影響が出てしまうため、契約手配後の契約破棄についてはキャンセル料が生じます。

資料集めが可能

仲介手数料というのは、顧客が物件を探すのを仲介するサービスではなく、売り手と買い手の間の契約を仲介するサービスのことです。
したがって、顧客の立場からすれば、できるだけ多くの情報を集めてから購入に至りたいという心理なので、契約する前にたくさんの情報を集めることに徹します。

この間は業者としてはただ働き同然の期間です。
消費者としては、このシステムを利用して、仲介手数料が発生しない段階で業者との話をいったん切り上げ、次に他の業者へも依頼して資料を集める手段が有用です。

先に述べたように、広告料によって仲介手数料を無料にしている業者の場合、広告料の出ない物件を紹介しないケースもあります。
多くの業者を見てまわることで、より多くの情報を集めることができます。


TOPへ戻る