事前にチェックしておきたい仲介手数料の仕組み

知って得する仲介手数料の仕組み

仲介手数料とは何なのか

仲介手数料なしと聞くと、その業者には裏があるのではないかと疑ってしまわれる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、仲介手数料というのは、法律で上限のみ規定されているので、仲介手数料無料というのは当然可能な主張なのです。 では、なぜそのようなことができるのでしょうか。

仲介手数料なしの理由

仲介手数料とは、不動産で用いられる用語です。
とある不動産を売ったり買ったりするときに、売り手と買い手の提示する様々な条件があります。
それを仲介してくれるのが、不動産会社であり、仲介業者です。
仲介手数料とは、売り手と買い手の仲介を行い、お互いの意見の調整や契約手続きなどをサポートしてくれる業者に対して支払うものです。

もちろん、この業者とはひとつの業者ではありません。
世の中には様々な業者が存在しており、さらに各々が異なった仲介手数料を設定しています。
中には仲介手数料無しという名目を打った業者もいますが、それだけで決めてよいとは言い切れません。
そのサービスと手数料の高さから、どの業者にするかを決めるのはなかなか悩ましいところです。

しかし、中には仲介手数料が必要とされない場合もあります。
それは、買い手が直接売り手から物件を買い取り、契約事務なども全て自分たちで行ってしまうとき。
また、仲介手数料がかかると指定された物件以外の物件を購入するとき。
という、二つのパターンがあります。

先ほど説明したように、土地の売買の場合には売り手と買い手が存在するわけですが、仲介手数料は売り手と買い手それぞれが仲介業者に支払います。

また、その上限額は定められており、極端に高い仲介手数料を求められることはありません。

この上限額は、売買なのかあるいは賃貸なのかによって、ことなるパーセンテージが示されているため、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

業者が求める仲介手数料の仕組み

仲介手数長の仕組みは少々やっかいなものがあります。 それゆえに多くの人は自分が依頼した業者に示されるがままに仲介手数料を支払っているという現状です。 みなさんは仲介手数料に騙されることなく、しっかりとした知識を身に付けて損をしないように心がけましょう。

仲介手数料とサービス

数字だけを見れば、仲介手数料を無料にする業者が多くいる中、数パーセントの仲介手数料を取る業者は割高に見えてしまうのも仕方ありません。 しかし、仲介手数料が高い業者は本当に良くないのでしょうか。 ここで、仲介手数料有無とサービスの差を調べてみましょう。

TOPへ戻る