近年の食品業界全体の動向

「食品産業は不況にも強いから売り上げを伸ばしているはずだけど、どのくらいの規模なのでしょうか?」、「為替の動向は原料を輸入している、食品産業にどの様な影響をあたえているのでしょうか?その対策はどのような方法をとっているのですか?」、「日本の社会情勢の変化が食品生産業にどのうよな影響をあたえているのでしょうか?」、「人口減少しているのに、世帯数が増えていると聞いたのですが、どうしてですか?」、「単身世帯にはどのような、食料品が売れているのでしょうか?」、「少子高齢化が食品生産業にどのような影響を与えているのですか?」、「健康食品の売り上げが高いものはどのような食品ですか?」食品業界、食品生産業は我々に欠かせない産業であり、とても身近な産業であり、社会情勢の変化と食品生産業の動向にこのような疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
そこで、このサイトでは社会情勢の変化と食品生産業の動向についてご紹介いたします。

食品生産業の動向をご紹介するまえに、日本の食品生産業の全体の動向について「近年の食品業界」と「円安と海外展開」というテーマでご紹介いたします。

食品は人間の基本的な性格必需品である事から、人口数などに大きな影響を受けます。
そこで人口変化と食品生産業の動向を「人口減少と世帯数増加」と「単身世帯向けの食品」というテーマでご紹介いたします。

「医食同源」という言葉が示すとおり、日々の食事は健康を左右する要因です。
そして現在、日本は少子高齢化がすすみ、多くの消費者が「健康寿命」に大きな関心を寄せています。
そこで少子高齢化と食品生産業の動向を「少子高齢化」と「健康食品」というテーマでご紹介いたします。

TOPへ戻る